クラウドワークスの外注が他サイトのコピペ記事を納品してきた話

11月くらいから外注さんに記事作成をお願いしてまして、10人以上の外注さんとやり取りしてきたわけですが…「完全コピペで納品してきた外注さん」に出会いました。

 

コピペする人自体にあった事がなかったので、完全コピペは本当に衝撃だった…。

 

最初から怪しくなかったのか?どんな人だったのか?

どんな人だったのかというと、最初の挨拶はすごく丁寧な方だったんですよね。

 

いつもプロジェクト型で募集するんですが、募集の際は「簡単な自己紹介(ハンドルネームや年代、意気込み等)」をメッセージで送ってもらっているんです。その時に、名乗らないとか、これ書いてねといった項目を書かずに「がんばります!」とだけメッセージに書いて募集してくるような方には、作業をお願いしないでいたんですよね。(そもそも文章読まない人は、まともな記事を上げてこないので。)

 

でも、その方は自己紹介もきっちりしていたし、経歴やどんな記事が得意なのかまでしっかり描いていたんです。これ書いてね~の項目も書いていました。なので、最初はすごくしっかりした方に来てもらえたな~って思ったんです。

 

なぜコピペと気づいたのか?

3記事お願いしたんですが、3記事ともワードで、文字や見出しや表がすごくきれいに色づけされてるんですよ。でもその色付けのデザインが全くバラバラ!

 

…え?と思って、納品の文書の一部をコピーして検索にかけてみると、他サイトさんの文章をデザインごとコピーして納品してきてるということがわかりました。

衝撃。なんでばれないと思ったんだろう。

 

「コピペはお断りなんで、契約解除します」の旨を丁寧に送付しました…。

 

そのとき、その方のクラウドワークスでの評価を見たんですが、(先に評価見とけばよかったと今になって思います)「コピペ記事納品してきました!☆1」が2割、「素晴らしい記事をありがとうございました!☆5」が8割でまたまた衝撃。

 

絶対この人全部コピペで納品してるのに、気付かない人が8割もいるの!?とびっくりですよ。コピペ記事をサイトに挙げると、コピペ元のサイトにも申し訳ないし、自サイトの価値も下がるし、ユーザも嬉しくないのに、それを8割の人が気付かずにやってしまっているのか~と。

 

でも、1記事だけ作成をお願いして、毎回コピペチェックしてない人だったら気付かないだろうな…と。自己紹介もしっかりしていて、経歴もしっかりしているので、この人は大丈夫という先入観もあるので…。

 

コピペ記事を納品させないために!今後できること

今回の意外とコピペ記事は気づかないということから、コピペ対策は必ずしようと思いました。

具体的には、

  • 記事作成をお願いする人のクラウドワークスの評価には必ず目を通す!
  • 最初の自己紹介がしっかりしていても関係ない!
  • コピペチェックツールに必ず書ける!

これを徹底しようと思います。

 

コピペチェックについては、今まで無料のクラウドワークスのものや他サイトのコピペチェックツールを使っていたんですが、今回のことを期にコピペチェックツールを新しく買いました。

 

というのは、他の納品物も大丈夫!?と思って、まとめてコピペチェックツールにかけようとすると、重くて動かない…だったり、無料のコピペチェックツールだとうまく判定できない(本当は他サイトの文章のつぎはぎなのに、完全一致じゃないからコピペじゃないと判定されたりする)ということを知ったからです。

 

ちなみに買ったのは、「コピペリン」というコピペチェックツールです。(知り合いのアフィリエイターのおすすめだったので買いました。)一文ずつチェックできる上に、軽くて使いやすいので満足してます。

 

クラウドワークスで記事を外注している人は、早めにコピペチェックツール買った方がいいですよ!8割の人が完全コピペに気付いていないのって普通に怖いです!

 

まとめ

今回はクラウドワークスで募集した外注さんが完全コピペで納品してきた話でした。

以下を徹底して、コピペ記事をサイトに掲載しないようにしましょう~!

  • 記事作成をお願いする人のクラウドワークスの評価には必ず目を通す!
  • 最初の自己紹介がしっかりしていても関係ない!
  • コピペチェックツールに必ず書ける!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です