ワードプレス(WordPress)のAMP対応のおすすめ無料テンプレート

https化とAMP対応は必須や~!と聞いたので、やってみました。いや~結構簡単にできるものですね。

 

このブログはWordPress(ワードプレス)で作っているんですが、このブログで使っているAMP対応のテンプレートをご紹介しますよ。無料だし、カスタマイズも簡単なのでおすすめです!

 

AMP対応のテンプレート

WordPress(ワードプレス)のAMP対応のテンプレートってなかなか無かったので、友人に聞いたおすすめを使いました。

 

使ったのは、ルクセリタス(Luxeritas)というテーマです。

公式サイト:https://thk.kanzae.net/wp/

 

使っていたワードプレスのテンプレートの変遷として「Stinger」→「Simplicity」→「ルクセリタス」なんですが、個人的にはルクセリタスが一番使いやすいと思います。

 

Luxeritas(ルクセリタス)のインストール

インストールは他のテンプレートと同じで、公式サイトから親テーマと子テーマをインストールします。

公式サイト:https://thk.kanzae.net/wp/

 

で、カスタマイズは子テーマのfunction.phpやcssを編集します。

これはどのテンプレートでも同じだと思うのですが、親テーマをカスタマイズしてしまうと、親テーマのバージョンを上げた時とかにカスタマイズが消えてしまいます。

なので、必ず子テーマをカスタマイズするようにしてください。

 

今のところ、このサイトではほとんどカスタマイズしてませんが、カスタマイズもまとめたいな~と思ってます。

 

AMP対応のボタンをONにする

ルクセリタスのインストールが終わったらAMP対応のボタンをONにします。ONとOFFがボタン一つで変えれるのが嬉しいですね。また、ページ毎にAMPの無効化を設定できるのも嬉しいです。

 

ルクセリタスをAMP対応にするのは簡単!

  1. 「ダッシュボード」画面の左側にあるLuxeritas(ルクセリタス)ボタンにカーソルを合わせ、「カスタマイズ」を選択。(記事投稿画面とかでもデフォルトで左に表示されているはず)
  2. 「Luxeritas カスタマイザー」画面で、AMPタグを選択。
  3. AMP の設定の「AMP (Accelerated Mobile Pages) 有効化」にチェックを入れる。

これで完了です~。

 

すごく簡単!とりあえず以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です