ページあたりの広告数と直帰率と滞在時間の関係

ある特化ブログに広告を増やしたら直帰率が上がった(泣)

そして滞在時間が下がった(泣)

ってことで、どのくらい上がったのかand下がったのかをメモります。

 

なぜ広告をふやしたのか?

そもそもなんで広告を増やしたのかっていうと、

広告増やした方が、買ってくれる率あがるんじゃないか?

って思ったからです。

 

 

私が作った特化ブログはお悩み解決系の特化ブログでした。

ダイエットみたいなやつと思ってください(:3 _ )=

 

 

お悩み解決系のブログって、商品じゃなくても

生活習慣とかでも改善できたりするんですよね。

 

 

なので、全ページで商品を紹介しているわけじゃなくて、

商品に関係ないページも沢山あるわけです。

そこにも広告載せてみたら成約率上がるんじゃないかと。

 

 

広告の載せ方は、

タイトル下に1枚、記事の最後に2枚で、

特に誘導文もなくぺらっとバナーだけおいときました。

 

直帰率が上がると何が問題なのか?

直帰率が高いということは、

ユーザーに訪問してほしいページに行く可能性が低くなっている

ということです。

折角集客したのに、成約する可能性が下がってしまいます。

 

 

それにGoogle検索からの評価が下がるという問題もあります。

 

 

アフィリエイターは検索で

できるだけ上位に表示されるように頑張るわけですが、

Googleは直帰率や滞在時間が短くなると、

ユーザにとって価値が低いと判断され、

検索順位が下がるor検索順位が上がらない可能性があります。

 

どのくらい直帰率が上がったのか?

どのくらい直帰率が上がったのかというと、

  • 広告を付けていなかった期間の直帰率:66.67%
  • 広告を付けていた期間(1週間)の直帰率:78.48%

で、10%以上、上昇しています。

 

 

直帰率50%を目指して工夫していたのに逆に上がると言う事態に…。

 

ちなみに、滞在時間は、

  • 広告を付けていなかった期間の滞在時間:1.42分
  • 広告を付けていた期間(1週間)の滞在時間:2.05分

でした。

 

滞在時間は、5分を目指しているのになぁ。

 

 

売りたい売りたい売りたい!!!って気持ちが出ているサイトって

なんか信用ならないですもんね…(^^;)

 

で、結局どうしたのか?

結局、追加した広告は削除しました。

 

まだ作って1カ月もたっていないサイトなので、

先に検索順位を上げたいんですよねヾ(⌒(ノ*•ω•*)ノ

 

 

この直帰率と滞在時間の差だとどの程度

検索順位に影響があるのかわかりませんが、

できることはやっておこうかなと。

(それに広告はってもクリックしてもらえなかったし)

 

 

今後、もっと検索ボリュームが増えてきて、

直帰率とか滞在時間が向上したら改めて、

広告を載せてみようかな~と考えています。

 

 

また、今回はバナーの広告を載せたので、

次はテキストの広告で試してみたいなぁ。

 

 

まとめ

ページあたりの広告数と直帰率の関係から今回学んだことは、

作ったばかりのサイトに広告は不要

ってことですね。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です