Facebook広告の金額に対するリーチ数やクリック数を公開1

初めてFacebook広告なるものを少額ですが試してみました!

 

広告費に対するリーチ数やクリック数をまとめます・*・:≡( ε:)

 

 

といっても、やってみたはいいけど、よくわからんわ!

ってことも多かったので(おい!)

わからんかったことは後で調べて追記していきますw

 

 

むしろ、わかっている人がいたら教えてほしい!

 

Facebook広告でやりたいこと

そもそもFacebook広告で私が何をやりたかったのかというと、

 

1.Facebookに広告(サイトの記事へのリンク)を表示させる。

 

2.Facebookユーザーにリンクを押して記事まで飛んできてもらう。

 

3.記事を読んで商品のLP(商品を売っている公式サイト)まで飛んでもらう。

 

4.商品を買ってもらう。

 

 

です!!!

 

 

どこでどのくらい離脱するんやろ?

いくらくらいの広告費で買ってくれるんやろ?

ってのを記録する!ってのが目的です。

 

広告費とリーチ数とクリック数のデータ

広告費は1日600円として、広告を表示する対象を地域とか性別とか趣味とかで絞りました。

ちなみに、何人まで絞ったのか忘れた…。

メモしておけばよかった。グググ

 

 

で、広告を出したのは土曜日で、時間指定はしていません。というか指定のやり方がわからんかった。馬鹿って言わないで!

 

 

そして、運命の土曜日が過ぎ…。

使われた広告費を見てみると、450円。

全部使われるわけじゃないんや?この辺りよ―わからんです。

使えんかったお金って戻ってくるんよね?

 

 

そして、リーチした数はというと、225人。

リーチ数とは、Facebookページの投稿がファンのタイムラインに表示される状態になった件数。

 

 

ほーん、この金額だとこのくらいなのね。

って思ってたんですが、リーチ数って金額に比例しないらしいんですよ!!!

意味わからん。あとから勉強しないと。

 

 

そして、225人の中のクリック数が12人。

たぶんこれが記事まで来てくれた人だと思うんだけどな~。

(LPに飛んでくれた人の数じゃないはず)

 

 

で、結果、収益ゼロ!!!

悲しい_(ゝ「ェ:)ノ

記事からLPに何人飛んだのかは不明なまま終了。

 

 

今回の反省点

今回やってみて思ったこと・学んだことをまとめます。

 

検索でサイトに来てくれる人とFacebook広告踏んできてくれる人は性質違う!ってことを意識する必要があった。

検索から来てくれる場合、記事を結構読んでくれる可能性が高いけど、Facebook広告踏んできてくれる人は長い文章だと読みたくないわ…ってなる可能性がある。

あSEOだとある程度文字数も大事だけど、Facebook広告の記事の場合、文字数が少ない方がいい場合もありそうやなって思った。

 

 

画像を工夫すればよかった。

適当な画像じゃなくて、もっとこだわればよかった。

「お!押してみようかな!」って思わせるような画像。

 

 

今回は寿命の短い記事の広告(XX日までのキャンペーン情報!みたいな)を打ったけど、寿命が長い記事に対して広告を打って「いいね!」を増やす目的でもいいかな~と思った。

記事の寿命短いからね~売れないと広告費がパーなんです。記事の価値は多少上がるのかもしれませんが、上がった実感はゼロ!

だから、寿命長い記事(だけど売れる記事)で対しての広告でもいいなと思った。

でも、寿命が短くてもコンバージョン率が高い記事だとやる価値はあると思うので、再チャレンジはする!

 

最後に

色々やってみて、トライアンドエラーやな~と勉強になりましたよ。

Facebook広告マスターになるまでチャレンジする予定なんで、また広告うったら記事にしますね~。

 

では!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です